気が付けば鞄職人 「バッグ・カバン・小物のデザインと製作」

bagstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 26日

気分転換?

b0100432_106299.jpg
11月に展示会を控えて余裕は全く無いのですが、なかなかアイデアも浮かばず工房にこもっているとさらに悩んでしまうというスパイラルに引き込まれそうなので、ここは一つ気分転換ということで散歩に出かけることにしました。
じつは気分転換ばかりしているのですが(笑)
そいうわけで周りの風景をあらためてみてみるとまだ刈り取られていない稲穂があって更にその穂が黒い!
これが「黒米というやつだな」とだれで思いつくようなことをさも名推理ように納得して観察などしていました。
通常のお米の収穫は9月には終了するのですが未だに生育中の様で、しかも穂は黒いのに幹の部分はやっぱり緑色なんだな(緑色じゃなけりゃ光合成出来ないか)などと見たまんまのことをつぶやきながら時間ばかり過ぎると、やっぱりサンプルは完成しませんでした!

by kabansyokunin | 2009-10-26 10:29 | 工房周辺 千葉
2009年 10月 19日

大いに悩む

b0100432_9592845.jpg
以前鞄作りの修行を始めた「大チャン」を紹介いたしましたが、最近はますます製作に熱心ではたからみているとあきれるほどです。
完成した鞄をみて悦に浸っているのを時々目にします。
ただこの頃新しいデザインのための型紙で悩んでいるようですすが!
自分もサンプルが完成するとしばらく気分が高揚して何も手に付かなるのであまり言えないのですが(笑)
高揚感が去ると今度は「もっといい方法があったんじゃ?」とか「デザイン変更したい」などと悩むもので実際に完璧に満足できるものは少ないのかも知れません。
とりあえず時間の許す範囲の中で最良のものを目指すしかないようです!
話はそれましたが、ある技法で鞄製作が出来るようになって、次の技術をマスターしようとすると全く違うものを作る感覚になります。自分では鞄製作は建築に近いと思っています。(これには異論があるかたもいるでしょうが私感としてなので許してください)
したがって、立体を頭の中で構成する能力がいる気がします。
デザインを起こすときはあまり考えないのですが型紙にする時に良く思うことです。
もしかしたら建築設計の方から勉強したほうが鞄職人に近道なのでは・・・・?

by kabansyokunin | 2009-10-19 10:39 | 鞄製作
2009年 10月 12日

千葉の工房にて

b0100432_17545520.jpg
会社は連休となっていますが恒例の展示会が近づいた私には心休まらない日々が来てしまいました。
ということで、世間では秋晴れで行楽日和の様ですが千葉の工房にこもってサンプル作りが始まりました。
なかなかまとまらずに写真を撮ったり、ブログを書いたりと全く関係のない仕事がはかっどっています。

by kabansyokunin | 2009-10-12 18:06 | 鞄製作
2009年 10月 05日

捨てられないのです

b0100432_1053669.jpg
工房ではミシン糸は「ビニモ」を使うことが多いので、箱単位で注文していると空箱がどんどん溜まっていきます。
製作のとき部品を入れておいたりするのになかなか便利で良く利用していまが、箱が壊れて代替わりするよりも蓄積されるスピードのほうが遥かに早い。
在庫は増える一方ですが、貧乏性なのでしょうかなかなか捨てることが出来ない。
思えば祖母や、母親が包み紙や箱を大事にとっておいたのを思い出して、「いい加減に捨てたら」と、言っていた自分を思い出して「自分も同じことやってるな」と最近思ったりしています。(笑)

by kabansyokunin | 2009-10-05 10:24 | 工房周辺 渋谷