気が付けば鞄職人 「バッグ・カバン・小物のデザインと製作」

bagstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 29日

ミシンのステッチ

b0100432_189410.jpgb0100432_1893192.jpg








今製作している鞄のハンドル部分のステッチです。
ミシン目がジグザグにかかっているように見えます。
これは、針の形状のせいで菱針といいます。
これにより綺麗な形状のステッチがかけられるのです。
鞄を作っている人には特別珍しくもないのですが、洋服などではなかなか使用しない針で、家庭用のミシンでは丸い形状の針を使います。
菱針は革の繊維を切り裂いて大きめの穴を開けるので、厚い革を縫う時は欠かせません。
ただハンプなどを縫う時は生地の織目に針が入り込みまっすぐにミシン目がかからない時があります。この場合は丸針の方がいい時もあるようです。
b0100432_18263965.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-29 18:37 | 鞄製作
2007年 01月 27日

穴を開けます

b0100432_7524533.jpgb0100432_7533069.jpg









穴を開けている部分はショルダーのマチ部分で、ここに開けた穴に、カシメでショルダーを固定します。
通常パーツは始めから穴の開いた抜き型を、プレス機で抜いて行くのですが、当工房では基本的に鞄の本体は手で1パーツごとに抜いていくので、後で穴を開けていく事になります。
ちなみに、下の黒い板はこういった作業に使う専用の台です。
ポンチは刃の角度で抜きやすいものと抜きにくいものがあります。
メーカーによって違いがある様なので注意が必要です。
これで一度失敗したことがあります。
このへんの細かいところはまた今度と言うことで!
b0100432_8132632.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-27 08:17 | 鞄製作
2007年 01月 22日

マチ作り

b0100432_9552579.jpg
なにやら、おめでたい色のファスナーマチを製作しています。
このマチは鞄が底まで開くタイプなので、マチの長さが1m以上あります。
そのため、革が柔らかい場合漉きを入れると伸びてしまい、長さが合いにくくなって手間が掛かります。
ミシンよりも、こういった貼り込みのような地味な工程が結構大変なのです。
b0100432_1023874.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-22 10:05 | 鞄製作
2007年 01月 19日

1月の展示会

b0100432_892268.jpg
16日より3日間、展示会をおこないました。ご来場いただいたバイヤー各位ありがとうございました。
今年は当社も10年目になる年なので、展示会も少し力を入れて行きたいと思っています。
6月の展示会も宜しくお願いします。 
b0100432_8141048.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-19 08:15 | 工房周辺 渋谷
2007年 01月 15日

鞄の補強2

b0100432_811531.jpg
b0100432_8111727.jpg

鞄の補強ということで、今回はカシメの裏側について考えてみたいと思います。
当工房でもカジュアルのバッグにカシメを打つ場合、革の部分では強度的にはあまり心配がないのでそのまま打つことが多いですが、写真のボストンバッグなどのわりと大きい鞄の持手など力のかかるものは、補強テープの上にさらに革を抜いた台座を付けてカシメで止めるようにしています。
かなり心配性のような感じですが、見えないところに気を使うのはこれでなかなか楽しいのです。
b0100432_8425297.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-15 08:45 | 鞄製作
2007年 01月 11日

持ち手のみがき

b0100432_824243.jpg
またまた始まってしまった鞄の製作です。
今回は持手作り。
「カンナ掛け→ヤスリ掛け→目止め塗り→磨き→仕上げ」と一本作るのにこの工程を繰り返して行きます。
写真の持手を完成させるには一日かかります。
鞄作るのはたいへんだなと他人ごとの様に時々思うことがあります。
そのぶん完成したときは気分もいいのですが!

by kabansyokunin | 2007-01-11 08:34 | 鞄製作
2007年 01月 05日

2007年ご挨拶

b0100432_10495195.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年も鞄作りに励んでいく所存です。
と、いうことで新年最初の写真も、相変わらず鞄の写真からになってしまいました。
休み中も結局鞄作っていまして、普段の休みとほとんど変わらなく、年を越したのか越さないのかはっきりしない年越しでした。
1月の展示会までは頑張ってみます。
今年もよろしくお願いします。

by kabansyokunin | 2007-01-05 11:00 | 工房周辺 渋谷