気が付けば鞄職人 「バッグ・カバン・小物のデザインと製作」

bagstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 02月 25日 ( 1 )


2008年 02月 25日

量産の工夫

b0100432_7211929.jpg
最近はロット20~30本位の製作も増えてきて、今までやってきた工程では追いつかないことが多くなってきました。
外注の職人さんにとっては、30本が多いのかと言われてしまいそうですが!
ともかく、自分が教えてもらってきたサンプル製作の工程では、対応出来ないということです。
数年前から徐々に、発注している職人さんのところに見学にいったりしながら、工夫している箇所を参考にさせてもらいました。
写真はその工夫のほんの入り口ですが、Dカンを革ループに仮縫いする時に、糸を切らずに全て縫ってから後で糸きりをするというものです。
普段やっている方から見ると「なんだこんなことか」と、いうことになりますが、1点サンプルを作る工程で教えられた自分にとっては、革新的なことでした。
これ以外にも生地を同じ幅で簡単に折る方法だとか、色々ノウハウは吸収させてもらったり、自分なりにアレンジしたりと、質を維持したまま作る方法は、まあまあ蓄積できたかなと思っています。
また機会があれば、紹介して行きたいと思います。
でも、普通の人がこんなに大量に作ることは、無いとは思いますが(笑)

by kabansyokunin | 2008-02-25 07:51 | 鞄製作