気が付けば鞄職人 「バッグ・カバン・小物のデザインと製作」

bagstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 23日

裏地の裁断

b0100432_832455.jpg
現在製作中の鞄は裏地にストライプ柄を使用しています。これがなかなかくせもので、通常柄には先染めと後染めがあって、後染めは織った生地に染料などストライプ柄などをのせていくのですが、先染めは生地を織る時に染めた糸を織り込んで柄にします。
後染めは、安定した状態の生地に柄をプリントしているのに対して、先染めは生地自体に織り込んでいるため、生地が歪むとそのまま柄にも反映されてしまいます。
裏地の数が多い時は無地ならば重ねて何枚も裁断することが出来るのですが、ストライプの柄など合わせる時は、一枚ごとに裁断しなければならなく、革の裁断以上に手間のかかることがあります。
b0100432_848383.jpg


by kabansyokunin | 2007-02-23 08:50 | 鞄製作


<< 革の縁      野菜が育つ >>