気が付けば鞄職人 「バッグ・カバン・小物のデザインと製作」

bagstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 29日

ミシンのステッチ

b0100432_189410.jpgb0100432_1893192.jpg








今製作している鞄のハンドル部分のステッチです。
ミシン目がジグザグにかかっているように見えます。
これは、針の形状のせいで菱針といいます。
これにより綺麗な形状のステッチがかけられるのです。
鞄を作っている人には特別珍しくもないのですが、洋服などではなかなか使用しない針で、家庭用のミシンでは丸い形状の針を使います。
菱針は革の繊維を切り裂いて大きめの穴を開けるので、厚い革を縫う時は欠かせません。
ただハンプなどを縫う時は生地の織目に針が入り込みまっすぐにミシン目がかからない時があります。この場合は丸針の方がいい時もあるようです。
b0100432_18263965.jpg


by kabansyokunin | 2007-01-29 18:37 | 鞄製作


<< パーツの作成      穴を開けます >>